ニホンシログ

日本史をざっくりと面白く。たまに1980年代ネタも。

【武闘派】伊達政宗直系の子孫『伊達順之助』のアウトローな人生

伊達順之助

伊達政宗の子孫、といえば、お笑いコンビ『サンドウィッチマン』の伊達みきおが有名ですが、この人は分家筋。
戦前、伊達政宗直系の子孫(本家筋)に、とんでもないアウトローがいたのを知っていますか?

その男の名は『伊達順之助』

明治維新から25年経った年に、伊達政宗直系の子孫として生誕。
伊達家は明治後『華族』となるのですが、この『華族』というのは「一般市民の模範となってふるまうんやで」ということが求められました。
しかし、この順之助は『華族』の家に生まれながら、「どうやったらこんな風に育つの?」というくらう大変素行が悪く、いくつもの中学校を転々とさせられます。
ちなみに、学習院へは「皇族の方に迷惑がかかる」ということで入学させてもらえませんでした。

ケンカ相手を射殺

18歳の頃、縄張り争いから相手のヤクザをピストルで射殺。
当然法の裁きを受け、懲役刑になるぞ、というところで伊達家が動きます。

伊達順之助
相手が先に仕掛けてきた。これは正当防衛だ!

ヤクザ者と交流があり、前科もあった順之助への心証は悪かったのですが、伊達家が雇った日本初の私立探偵である岩井三郎が、相手の学生の普段の行い、射殺時の状況を数ヶ月かけて徹底調査、順之助の正当防衛を実証します。
ちなみに『岩井三郎事務所』には、日本を代表するミステリー作家である江戸川乱歩が働いていました。

張作霖暗殺計画

大正5年(1916年)、モンゴル独立運動に参加するため民間の有志による『満蒙決死隊』を結成した順之助は、張作霖(ちょうさくりん)(中華民国の馬賊の頭領、政治家)の存在が独立運動には邪魔と判断、暗殺を計画するも失敗。

張作霖
まぁ、僕は12年後に列車ごと爆破されて暗殺されるんやけどな。日本にやられたのか、ソ連にやられたのかいまだにわからへんねん。

順之助は退去の処分を受け、日本へ帰国。

山縣有朋暗殺計画

大正8年(1919年)、大物政治家の山縣有朋(やまがたありとも)が問題発言。

山縣有朋
良子さん、すまんがあなたの家系は色盲の遺伝がある。皇太子との婚約を辞退してくれないか。

昭和天皇が皇太子の時、良子妃殿下との婚約についていちゃもんをつけてきたのです。
これに怒った順之助は山縣の暗殺を計画するも実行されず、翌年山縣は病死。
昭和天皇は婚約を破棄することなく、良子妃殿下と婚姻。

 

中国大陸で暴れまわる

当時の中国大陸の東北部は『満州』と呼ばれ、中国とロシアが「ここは我が国の領土だ!」と互いに主張し、この2国に勝利した日本(日清・日露戦争)も領土を主張していました。
そんな中、順之助は『大陸浪人』として中国大陸に渡ります。

明治初期から第二次世界大戦終結までの時期に中国大陸・ユーラシア大陸・シベリア・東南アジアを中心とした地域に居住・放浪して各種の政治活動を行っていた日本人の一群を指す。
出典:大陸浪人 - Wikipedia

 

『朝鮮国境警備隊』時代の伊達順之助

この頃の順之助の動きは目まぐるしいので、時系列で淡々と。

大正8年(1919年)、朝鮮に渡り『朝鮮国境警備隊』に入隊。
隊長となり、武装朝鮮人のアジトを急襲するなど活躍。

大正12年(1923年)、『朝鮮国境警備隊』を辞して帰国。

大正13年(1924年)、中国大陸の奉天に渡り、7年前に暗殺しようと試みた張作霖の傘下に入る。

昭和4年(1929年)、中華民国の軍人である張宗昌と義兄弟の契りを交わす。

昭和6年(1931年)、中華民国に帰化し、張宗援を名乗る。

昭和7年(1932年)、『満州国』建国。
『満洲陸軍中将』を自称し、馬賊を従えながら各地を荒らしまわる。

チャンス到来

昭和12年(1937年)、陸軍大将の寺内寿一(てらうちひさいち)が『北支那方面軍司令官』に就任した事で、中国各地を荒らしまわりながら機を窺っていた順之助にチャンスが訪れます。

寺内寿一
山東省一帯の人民を懐柔するために、中国人からなる部隊を編成したい。伊達とかいう男を使えないか?

寺内は『山東自治連軍』を編成。
大将に指名された順之助は四千人の兵をしたがえて山東省に入りました。
すると、そこには『歓迎張宗援総司令』という張り紙が町中いたる所に張られていたのです。
『張宗援』は順之助の中国名。
順之助の蛮勇は有名になっており、現地の人達から恐怖をもって迎えられていたのでした。

程国瑞殺害

山東省には程国瑞という人望の厚い人物がいました。
順之助に積極的に協力した彼のおかげで、『山東自治連軍』は約一万人にまで膨れ上がりました。
しかし、順之助は恐怖します。

伊達順之助
程国瑞の人気を放っておくと俺の立場が危うい・・・。

人望が厚く人気のある程国瑞、一方、恐怖をもってしか迎え入れられない順之助、いずれ程国瑞が主導権を握るのは明らか・・・、順之助は程国瑞を殺害しました。

『山東自治連軍』解散

昭和15年(1940年)、順之助が率いていた『山東自治連軍』は日本人、中国人などの混成部隊で、中国人に武器を持たせることに危機感をもっていた上層部の意向により解散を命じられます。
配下だった中国人の将や兵は散り散りになり、それぞれの故郷へ帰っていきました。
行き場を失った順之助は青島(チンタオ)に向かい、従兄弟の海軍中将である桑折英三郎(こおりひでさぶろう)を頼ります。
『青島海軍司令部顧問』という職を得た順之助は、家族を青島に呼び寄せて一緒に暮らします。

 

処刑

第二次世界大戦が終わると、順之助は日本人戦犯として青島で捕らえられます。
判決は死刑。

処刑当日、かつて日本人馬賊として恐れられた順之助の最期を見ようと、多数の見物人がやってきました。

順之助は処刑椅子に座るや豪快に笑ったところを、処刑人はすかさず頭部目がけて銃弾を発射。

昭和23年(1948年)9月9日、享年56。