読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニホンシログ

日本史をざっくりと面白く。たまに1980年代ネタも。

【モヤモヤ】いまさら1980年代に世間を騒がせた『グリコ・森永事件』についてまとめてみた

銃を持つ犯人

私が小学2年生から3年生だった頃に起こった『グリコ・森永事件』。
この事件の後、しばらくお菓子がフィルムで過剰包装されていた事を懐かしむアラフォーの方は多いと思います。
当時の私は、この事件に全く興味がなかったのですが(小2、3だからあたり前ですが)、オッサンになった今、いったいこの未解決事件ってどんなんだったんだろ?ということで、まとめてみました。

『江崎グリコ』社長拉致事件

昭和59年(1984年)3月18日、身代金目的の犯人は『江崎グリコ』江崎勝久社長宅の隣にある実母宅へ勝手口から侵入。

 

母
お金なら・・・出します。
犯人
金はいらん。社長はどこや。
母
隣の家に・・・。
犯人
鍵を出せ。

犯人は実母を縛って、社長宅の合鍵を奪いました。
なぜ、直接社長宅に侵入せずに、わざわざ合鍵を奪ったのかというと、社長宅はセコムの防犯装置が導入されていたのです。
合鍵で入ると、防犯装置は作動しないんですね。

合鍵を使って社長宅へ侵入し、婦人と長女(7歳)を縛りトイレへ閉じ込め、長男(11歳)、次女(4歳)と入浴中だったの社長を全裸のまま誘拐。

ここで、身代金目的なら最初に鉢合わせした長女を誘拐した方が楽なのに、わざわざ社長を誘拐した事から、金銭目的ではなく怨恨なのでは?という説が出てきます。

翌日、(社長宅ではなく)『江崎グリコ』取締役宅に犯人から電話が入ります。

 

犯人
(大阪府)高槻市真上北自治会の釜風呂温泉の看板の前に電話ボックスがあるやろ。その中を見ろ。

捜査員が電話ボックスを確認すると封筒があり、中に脅迫状が入っていました。

『人質はあづかった 現金10億円 と 金塊100kg を よおい しろ』

 

警察
現金10億円と金塊100kg!?そんなんすぐに用意できへんし、運ばれへんやろ。犯人のジョークちゃうか?

捜査員がそう思うのも無理はなく、現金10億円は高さ9.5m、重さ130kg、それと、金塊100kgなんて、すぐに用意できないし持ち運べません。
しかし、グリコはすぐにこれらを用意しました。
犯人要求の金と金塊を用意後、犯人から電話が入ります。

 

犯人
茨木市のレストラン『寿』で次の連絡を待て。

実は、レストラン『寿』は茨木市ではなく隣の高槻市にありました(単純に犯人のミス?)。
結局、犯人から連絡が来る事はありませんでした。
そして誘拐から3日後の3月21日、事件は急展開します。
摂津市にある倉庫から自力で脱出した『江崎グリコ』社長は、国鉄大阪貨物ターミナル駅構内で、手首からロープを垂らし、裸足で、まるで薬物中毒者のようにふらついていたところを保護されます。

その後、社長は捜査員から事情聴取をうけますが、途中で『江崎グリコ』会長が駆けつけて来ます。

会長
5分間だけ社長と喋らせてくれ。

社長と会長は、5分間どころではなく20分間も別室で話しこみます。
その後、社長の態度が豹変。
家に早く帰りたがるそぶりを見せ、「私が無事だったんだから、もうこの事件は終わったんですよね?」と言って話さなくなってしまいました。
この事が、社長解放の為にグリコと犯人が密約を交わしたのでは?という疑惑を生んでしまいます。
なにはともあれ、これで事件は終息・・・かに見えました。

 

かい人21面相

『江崎グリコ』社長拉致事件から10日あまりたった4月2日、社長宅に現金6千万円を喫茶店へ持参するよう要求する脅迫状と塩酸入り目薬などが届き、捜査員が現場に張りこむも、犯人は現れませんでした。

4月8日、マスコミ宛に犯人から挑戦状が届きます。

『けいさつの あほども え』

4月23日、『江崎グリコ』に1億2000万円を要求する脅迫状が届き、現金受け渡し場所をレストランに指定するも、サービスエリア、電話ボックス、とたらい回しにした挙句、結局犯人は現れませんでした。
同じ日、マスコミ宛に2回目の挑戦状が届き、この時、初めて犯人が『かい人21面相』を名乗ります。

5月10日、マスコミ宛に挑戦状が届きます。

『グリコの せい品に せいさんソーダ いれた』
『グリコを たべて はか場え いこう』

この脅迫で、グリコ製品が店頭から撤去され、目にすることがなくなりました。

 

犯人を現行犯逮捕?

5月31日、『江崎グリコ』に3億円を要求する脅迫状が届き、6月2日、犯人が要求したとおり、摂津市内の焼肉レストラン『大同門』の駐車場に、3億円を積んだ白色のカローラを置きます。
実は、このカローラのトランクには捜査員が隠れており、スイッチを押すとエンストするよう改造されていました。
捜査員が張り込む中、予定どおり犯人と思われる男がカローラの運転席に乗り込んできます。

 

警察
(エンストスイッチをポチっと)

男性
!?車動かへん!?

警察
現行犯逮捕~!んっ!?なんや、顔殴られてるんか?

男性
グリコ?なんやそれ、知らんで。

なんと、替え玉でした。
実は、この男性、淀川堤防に停めた車内で恋人とイチャついていたところを犯人グループに襲撃され、『大同門』に置いてあるカローラを運転してココまで来たら女を返してやる」と言われて、現金を受け取りに来ただけで事件とは無関係なのでした。
女性は京阪光善寺駅で犯人グループから解放されました。

 

キツネ目の男

6月22日、『丸大食品』に「グリコと同じ目にあいたくなかったら、5千万円用意しろ」という脅迫状が届きます。
また、この取引に応じる合図として「パート従業員募集の新聞広告を掲載しろ」と要求、『丸大食品』は指示通り広告を掲載しました。

6月28日、犯人から電話。
犯人の声ではなく、女性の声を録音したテープを使用して、高槻市バスおりばの観光案内板の裏、に現金を置くよう指示があり、丸大食品の社員に扮した捜査員が5千万円入りのバッグをもって指定場所に行くと、下記の内容が書かれた指示書と座席図と切符がありました。

高槻駅から8:19か8:35発の京都行きの各駅停車に乗れ

座席図に示した座席に座れ

進行方向に向かって左側の窓を開けて線路を見ろ

白い旗が見えたら現金の入ったバッグを 外に投げろ

捜査員は指定された電車に乗ると、こちらの様子を伺う不審な男を目撃。
現金受け渡し時に、犯人グループを一網打尽にする計画だったので、あえて職務質問せずに尾行するも振り切られる、という失態を犯してしまいます。
この時、捜査員が見た不審者が『キツネ目の男』で、似顔絵が公開されました。

キツネ目の男

 

突然ターゲットから外されたグリコ

『丸大食品』脅迫事件真っ只中の6月24日、突如グリコが新聞広告を載せます。

『ともこちゃん、ありがとう。グリコはがんばります』
「わたしはグリコのおかしが大好きです。でもはんにんがどくをいれた、というのでおかしがかえなくなってとってもさみしいです。だからはん人がつかまってはやく『グリコ』のおかしがたべたいです」

そして、6月26日、報道機関に犯人グループから声明が届きます。

『江崎グリコ ゆるしたる スーパーも グリコ うってええ』

CMを自粛していたグリコが突然の7段ぶち抜き新聞広告を掲載、その2日後に犯人グループからの終結宣言、グリコと犯人グループの間で裏取引があったのではないか、と言われています。

 

『森永製菓』脅迫事件

9月12日、『森永製菓』にグリコと同じ目にあいたくなかったら、1億円用意しろ。受け渡しは18日に守口市のレストラン」という脅迫状が届きます。

9月18日、犯人から電話。
子供の声を録音したテープで指定場所に現金を置くよう指示。
指定場所に現金を置くも、犯人は現れませんでした。
その後、青酸ソーダが入った森永のお菓子が店頭で次々発見されます。

『どくいり きけん たべたら死ぬで』

この影響で、森永製品は店頭からしばらく姿を消します。

 

『ハウス食品』脅迫事件

11月7日、『ハウス食品』に「1億円用意しろ。受渡し日は11月14日、場所は京都市伏見区のレストランや」と脅迫状が届きます。

11月14日、 『ハウス食品』の社員に扮した刑事が、車に1億円をつんで指定場所の駐車場で待機し、周辺にも多数の刑事を配置。
その後、犯人から数回の指定場所変更の連絡がありましたが、たまたま指定場所付近をパトロールしていた滋賀県警のパトカーが犯人の車を発見するも、不用意に近づいてしまい、激しいカーチェイスの末に取り逃がす、という大失態を犯してしまいます。

『おまえらの そうさ あれ なんや 10年まえから しんぽ してへん』

 

事件の終わり

その後、明治、駿河屋などにも脅迫状が届きますが、犯人は現れず。

1985年8月7日に、滋賀県警本部長が退職日に焼身自殺
『ハウス食品』事件で犯人の車を取り逃がしてしまった責任をとっての自殺、と言われています。

8月12日、犯人から自殺した滋賀県県本部長の香典代わり、という理由で終息宣言が送りつけられます。

 『くいもんの 会社 いびるの もお やめや』

 

まとめ

結局、犯人は何度も現金を要求しますが、受け渡し場所に一度も現れず、毒入り製品をバラまくも、ご丁寧に『どくいり』シールを貼っていたので犠牲者は出ず、犯人の目的が何だったのかよくわからない事件でした。
(いろいろと陰謀論は出ていますが・・・。)

残念ながら全ての事件は事項を迎えています。

実際に誘拐されて犯人を見ている、現金10億円と金塊100kgをサっと用意できた、事情聴取中の会長との密談後、口を閉ざしてしまった『江崎グリコ』の江崎勝久社長は事件の秘密を握っているかもしれませんねぇ・・・おや、誰か来たようだ・・・。